2008年04月16日

死ぬということ

先にいっとくけど、死のうなんて思ってないからね。



死ぬ事ってコワイのかな?
人間は生まれてはじめて息をした時から
死に向かって動き出すのね

だからなにしたって一緒じゃんとか思ったりしないで
その限られた時間をどれだけ有意義に使うかだと思うの
もし、輪廻転生があったとしても
「今」生きてる人間の体の中にある「人格」は今しかないのね。きっと。
だから、一回限りの人生は大事にしなくちゃと思うの。
今の自分にできることはやりたいの。いまの自分にできること。
でも、できないことおおいのね。
人間の感情って、感受性ってややこしい。めんどくさい。




人間って「死」をおそれる傾向にあると思うの
それって「未知」だから、だとおもうの
人間ってどうしてもなんでも知りたがるから
でも、「死」の世界からはちゃんと帰ってきた人がいないから
科学的に、論理的に説明できないからきっと恐怖心が抜けないと思うの。

私はね、結構なんでも興味を持てるの。
だから、「死」の世界にも少し興味があるの。
でもそこに行くと帰ってこれないから、「いってみよう」なんて軽率だと思うのね。


そこでよ、このブログのタイトルでもあるように
日々「SEIZE THE DAY」なのね。
一日を、今を生きる。この先後悔しない事を今していきたいの。
自分の中で「かっこわるい」っていう自分の自分に対するプライドがあるの。
あとで「あれやっときゃよかった」って絶対いわないって
自分が悪いから「こういう結果がでました」ってちゃんと諦めようって
そう決めてんのね。


だから、「死んでみよう」なんて思わないし、
死ぬ前にやりたいこといっぱいあると思うの
今しかできないこともっといっぱいあると思うの。





でもなんか、何かが怖くて、動きたくなくて
エネルギーがわかないのね。
なんか疲れちゃってて、五月蠅いって思っちゃうのね。
そんな自分が嫌いなの。
そんな自分が本当に嫌いなの。
posted by 70 at 15:16| デンバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。